Top >  花めぐり おすすめスポット >  100万本のコスモスを満喫 「くりはま花の国」

100万本のコスモスを満喫 「くりはま花の国」

「くりはま花の国」ホームページ
http://www.kanagawaparks.com/yokosuka/kurihama/index.html

この時期に一面のコスモスを楽しめる場所としては、
立川の国営昭和記念公園もありますが、
入園料が大人400円のため、どうせ行くなら
無料で手軽に楽しめる『くりはま花の国』をお勧めします。

kurihamahananokuni00.png

 

【コスモスの見頃】
9月上旬~10月下旬(例年)
その年の天候によって見頃は変動しますので、
必ずホームページ等で確認してください。
kosumosu00.png

なお、2008年は開花が大幅に遅れています。

2008年9月23日現在で、こんな感じです。

kurihamahananokuni01.png 

 

【行き方】
JR横須賀線久里浜駅から、徒歩18分
京浜急行久里浜駅から、徒歩15分

駅からはハイランド方面ゆきの路線バスも利用できますが、
健康維持とダイエットのためには歩きましょう。
kurihamahananokunimap2.png

 

【きっぷ】
◆JRを利用する場合
新宿から久里浜まで1210円(片道) 約1時間半
品川から久里浜まで 890円(片道) 約1時間半

土曜や休日にはホリデーパス(2300円)があります。
品川より手前から乗車で、久里浜より先の三浦半島に行かない場合は便利です。

◆京浜急行を利用する場合
品川から京急久里浜まで760円(片道) 約1時間

なお、「くりはま花の国」だけでなく、
まぐろで有名な三崎まで足を延ばしたり、
三浦半島の岬めぐりをするのに便利でお得なきっぷがあります。

 『三浦半島1DAYきっぷ』 品川から 1900円
 『三浦半島2DAYきっぷ』 品川から 2000円
 
金沢文庫駅から先の京急線がフリー区間となっており、
周辺の京急バスにも乗車できます。

「くりはま花の国」だけでなく、もう一ヶ所訪れると、
普通にきっぷを買うよりお得になります。


【コスモス無料花摘み大会】
その年、最後のコスモスを楽しめる大チャンスです。
2008年は次の日時に開催されます。

 10/26(日)14時~16時・小雨決行
 コスモス園内で開催します。
 ハサミ・軍手・新聞紙などを持参してください。
 (花摘みセット当日販売300円もあります)


【モデルコース】
三浦半島1DAYきっぷ利用 品川から

(その1)『100万本のコスモス鑑賞と三崎まぐろの昼食』
品川⇒京急久里浜⇒くりはま花の国(コスモス鑑賞)
⇒京急久里浜⇒三崎口⇒三崎港(昼食)
⇒三崎口⇒横須賀中央(市内見物)
⇒品川

(その2)『三浦半島の海岸風景と三崎まぐろと100万本のコスモス』
品川⇒逗子⇒葉山(バス車内か途中下車で海岸風景を満喫)
⇒三崎口⇒三崎港(昼食)
⇒三崎口⇒京急久里浜⇒くりはま花の国(コスモス鑑賞)
⇒京急久里浜⇒品川

 <  前の記事 鉄道会社のイベントは、季節の花がいっぱい  |  トップページ  |  次の記事 一面にベニバナが広がる「桶川」  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」