Top >  花めぐり おすすめスポット >  一面にベニバナが広がる「桶川」

一面にベニバナが広がる「桶川」

benibana.png

ベニバナ(紅花)というと山形県のイメージが強いですが、
江戸時代には全国有数の栽培量を誇った桶川市では
現在でもベニバナの栽培が続けられています。

べに花ふるさと館とその周辺の加納地区(下記A)、
川田谷地区(下記B)などにベニバナ畑が点在しています。

毎年6月下旬頃には「べに花ふるさと館」をメイン会場とした
「べに花祭り」が開催されます。

benibanamap1.png

【詳しい情報はこちら】
桶川市観光協会のホームページ
http://www.okekan.com/

桶川市のホームページ
ベニバナの季節には桶川市のホームページに情報が掲載されます
http://www.city.okegawa.lg.jp/index01.html


【ベニバナの見頃】
6月下旬~7月上旬

【ベニバナの花の変化】
ベニバナ(紅花)というと赤い花のイメージがありますが、
最初は黄色で、しだいに赤みが強くなっていきます。

benibana00m.gif

【べに花ふるさと館】
手打ちうどんなどの飲食や売店の営業があり、休憩に便利です。
イベントが多く開催されています。

 開館時間  9時~21時30分
 休館日   月曜休館(祝日の場合は開館)
 駐車場   200台
 問合せ   048-729-1611

【行き方】
JR高崎線桶川駅からバス
A.加納地区(べに花ふるさと館)
東武バス細谷経由菖蒲車庫行きで10分、天神入口下車、徒歩5~10分
B.川田谷地区
東武バス川越行きで「三ツ木」または「柏原」下車、徒歩5分

【関連情報】
ベニバナの季節にはラベンダーも見頃になっているので、
すぐ隣の菖蒲町に足を延ばしてみるのも良いかと思います。

 <  前の記事 100万本のコスモスを満喫 「くりはま花の国」  |  トップページ  |  次の記事 手軽に見に行く花菖蒲「明治神宮 御苑」  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」