Top >  季節の花を見に行こう! 【初夏の花】 >  ベニバナ

ベニバナ

benibana.png

▼べに花ふるさと館およびその周辺(埼玉県桶川市)

 概 要 :江戸時代中期以降には山形県に次いで、
     桶川周辺でもベニバナが盛んに栽培されていました。
     現在ではその伝統を守るため、
     べに花ふるさと館およびその周辺、川田谷地区等の市内各地で
     観光用などにわずかに栽培されています。

 料 金 :無料
 開園時間:-
 見 頃 :6月下旬~7月上旬

 所在地:埼玉県桶川市大字加納、川田谷、他
 行き方:JR高崎線桶川駅からバス
 詳細情報: 桶川市公式HP

一面にベニバナが広がる「桶川」

 

▼川田谷「べに花摘み取り園」(埼玉県桶川市)

 概 要 :桶川市西部、太郎右衛門橋の手前、城山公園の近くにあるベニバナ畑です。
     ここではベニバナの摘み取りが有料でできます。

 料 金 :入園料 100円、1本 50円
 開園時間:
 見 頃 :6月下旬~7月上旬

 所在地:桶川市川田谷2193-1、1937-1
 行き方:JR高崎線「桶川駅」西口から、川越行きバス「三ツ木」下車徒歩3分
     または「西循環」「東西循環(外回り)」で「西18」下車徒歩3分

 詳細情報: 桶川市観光協会

 

▼長福寿寺(千葉県長南町)

 概 要 :日本でのベニバナ栽培は、934年に菅原道真の子、滋殖(しげいく)が
     長福寿寺付近に移り住み、紅花を特産品としたのが始まりだそうです。
     現在では、園内に10万本のベニバナが咲き揃います。
     また、6月中旬には「ベニ花フェステバル」を開催

 料 金 :無料
 開園時間:-
 見 頃 :6月中旬~下旬

 所在地:千葉県長生郡長南町長南969
 行き方:JR外房線茂原駅からバス、愛宕町又は三又下車徒歩3分
     (駅から南西方向に約10キロ)

 詳細情報: 長福寿寺HP

⇒【特集】自宅で花を楽しみたい方は

 <  前の記事 ラベンダー  |  トップページ  |  次の記事 梅(その1) 北関東  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」