Top >  花めぐり おすすめスポット >  斜面に広がる権現堂堤の彼岸花を見に行く

斜面に広がる権現堂堤の彼岸花を見に行く

gongendou-higanbana1.jpg

権現堂堤は幸手駅の北北東約2.5キロにある中川の河川敷を利用した無料の公園です。
古くから桜の名所として有名でしたが、近年では春の桜と一面に広がる菜の花、春先のスイセン、梅雨時のあじさい、秋の彼岸花の名所として認知度が上がってきました。

【見頃】 9月中旬~下旬
【場所】 幸手 権現堂堤 約75万本
【行き方】 東武日光線「幸手」駅からバス、または徒歩30分
【料金】 無料

gongendou-higanbana2.jpg

徒歩の場合は、幸手駅からはもちろん、南栗橋駅からでも30分くらいです。 satteeki1.png

バスを利用する場合は幸手駅からになり、一般の路線バスは1時間に1本程度で、
無料の幸手市コミュニティバスは1日に4本しかありません。

東武日光線「幸手駅」からの行き方

 ・利用バス路線    朝日バス「五霞町役場」行き
  降車停留所     「権現堂」下車、徒歩すぐ
  運行頻度・運賃   1時間に1本程度、片道170円

 ・利用バス路線    市内循環バス「西Bコース」
  降車停留所     「北公民館前」下車、徒歩すぐ
  運行頻度・運賃   1日に4便、無料

 ・徒歩の場合     約30分

なお、権現堂バス停は権現堂堤の南東の端にあります。

gongendou-busstop.png

 ・公式サイト     幸手市観光協会
http://www.satte-k.com/index.html

 ・参考サイト     幸手市HP
http://www.city.satte.lg.jp/index.htm

 <  前の記事 ツツジの名所 群馬  |  トップページ  |  次の記事 川島町の彼岸花を見に行く  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」